和食 外食

豊川稲荷 参拝後|おすすめのうなぎ屋『カドヤ』

投稿日:2018年4月5日 更新日:

今年、初の豊川稲荷で参拝に行ってきたので、
帰りにうなぎ屋の『カドヤ』で昼ご飯を食べてきましたよ!

 

スポンサーリンク

1.その前に豊川稲荷って何?

 

愛知県豊川市豊川町にある神社です。

といっても、神社ではなくてお寺なんですよね。
正式名称は『妙厳寺』といいます。


ですが、一般の方には稲荷という考えが強く、
有名なので、
『豊川稲荷』と言われる方が多いです。

私自身、毎回参拝に行くたび、
神社なのかお寺なのか迷い、
参拝の仕方が分からなくなったりします(笑)

ちなみに、参拝の仕方はお寺と同じでいいですよ!
なので、二拝二拍手一拝の作法をしなくて、
合掌で大丈夫です!

目次に戻る

豊川稲荷のミニ豆知識①

Q.有名なお寺なの?

A.日本三大稲荷の一つとして数えられています!
境内の参道には鳥居が建っていますよ!

Q.境内の広さはどれぐらい?

A.約3万坪以上あります。

Q.豊川稲荷はいつ頃建ったの?

A.1441年頃です。(諸説)

Q.どんなご利益があるの?

A.商売繁盛・開運です。

Q.参拝時間はいつまでやってるの?

A.5:00~19:00までです。

Q.御朱印あるの?

A.ありますよ!

 

 

お狐様もいっぱいいて、圧倒されます!
毎回ここに来るたび、
神聖な感じがして好きなんですよね!

目次に戻る

2.活うなぎ『カドヤ』までの行き方

 

行き方はとても簡単

 

豊川稲荷の鳥居をでて、
そのまままっすぐ進みます。
(※写真の方に向かってください)

 

 

そうすると目の前に商店街があります。

 

 

そこから徒歩1分の所に
看板と活うなぎと書かれた旗があります。
そこが『カドヤ』です。

実際に行けば、分かりやすっ!と思うはずです!

 

スポンサーリンク

目次に戻る

ミニ知識②

Q.旗に書かれてる活うなぎってなに?

A.前もって専門工場で処理せず、
水槽で生かしておいてその店でさばいて提供されるウナギ料理のこと。
といっても、生で食べれる魚ではないので、活け造りとは違いますよ!

 

3.実際食べてみました!

 

入り口はこのような感じ。

1月中は稲荷神社に参拝したあと、
この店に寄っていく方々が多いため、
凄く混雑しますよ!
写真では分かりにくいのですが、
凄く広い料理店です。

 

特上うな重(3000円)

 

 

 

上うな重(2000円)

 

 

いなりセット 限定50食(1550円)

私が食べたのは、このいなりセットです!
いろいろ食べれるので、
私は毎回このセットを選んでします!

 

いなりセットの内容紹介!

うな丼の他にも
田楽1本といなり寿司3つ!

いなり寿司の上にうなぎが乗っているのが2つ
海老天が1つ乗っているのが1つあります。
このうなぎの乗っている稲荷のすし飯ですが、
片方はわさび味なんです!

田楽は、辛子が結構効いていました!

 

こちらのうどんは、きしめんです。

カツオのだしが凄く効いてます!
お汁を全部飲み干したくなる程、
だしが美味しいです!

実際に私は飲み干してしまいました!

 

そしてなにより!!

ここのうなぎが美味しすぎる!!

身がふっくらしているのですが、
皮はパリッとしているんですよ!
私はうなぎを食べていると骨が気になって仕方ないのですが、
ここのうなぎは骨がどこにあるか
全然わからないんです!

目次に戻る

4.まとめ

私、鰻の骨が苦手であまり食べれないんですが、
ここのうなぎはパクパク食べれます!
骨が苦手な方でも本当に気にせず食べることが出来ます!
豊川稲荷に参拝しにきたときに、寄ってみてはいかがでしょうか?

関連ランキング:うなぎ | 豊川稲荷駅豊川駅稲荷口駅

最後までご覧頂きありがとうございました!^^ これからも沢山の記事を投稿出来たらなと思っています! また下のSNS拡散やブログ村をクリックして頂けると、主が大喜びします(^^♪

こちらの関連記事も読まれてます

-和食, 外食
-, ,

Copyright© 食もぐ , 2019 All Rights Reserved.