その他 通販

海外で話題白い宝石!赤の値段2倍以上の白いちご!

投稿日:2018年3月28日 更新日:

近年、メディアにて白イチゴの話題を聞くことが増えてきました。
白いちごと言えば、「初恋の香り」「雪うさぎ」「天使の実」などあるなか、
最近「白い宝石」が手に入ったので、紹介します!

スポンサーリンク

 

 

1.そもそも白い宝石とは?

白い宝石は、
手島農園だけで生産している、
世界に一つだけの白いちご(白い宝石・美白の果実・美白いちご)です。
また、商標登録されている手島農園のブランド商品です。

 

作り手の手島さんが言うには、

白い宝石というブランドの名前でイチゴを販売しています。
1パック約4,000円ほどです。

世の中に「白いイチゴ」というのはたくさんありますが、
その中でも「白い宝石」は格段に白くて大きいイチゴです。

栽培にあたって難しい点は量を生産すること、よりよく白いイチゴを作るほど果実のこすれ、傷が赤いイチゴよりも目立ってしまいます。

製品になる確率は10分の1ほどになってしまいます。
色・形・サイズともに優れたバランスで素晴らしいイチゴです。

白い宝石を作り始めて約4年。
白いいちごづくりで楽しいこと、
幸せなことは自分で想像できない味・形・香りができてくるのを自分自身が実感できるからです。

目指すところはイチゴで他の果物の味がするとか甘いとか美味しいとか
お客様から「このイチゴは間違いない!」と言われるまで突き進むしかないです!

とのこと。

目次に戻る

スポンサーリンク

 

2.実際に食べてみました。

 

まず見た目から!

写真ではわかりにくいと思いますが、
通常の一口サイズの苺の4個分の大きさで、
食べ応えが十分にある大きさです。
また持った感じもズシッと重みがありました。

苺の種も綺麗に整っていてとても綺麗です。

 

 

 

切ってみると中身も真っ白で、
赤いところが全くありません。

通常の赤い苺ですと、真の部分が白いので、
どの場所か芯かわかるのですが、
白い宝石ですと肉眼で見ても白の部分の色と
同化していてどこが芯か全くわかりませでした。

目次に戻る

試食!

噛んで見た感触、
思っていた以上に果肉がしっかりとしていました。
わかりやすくいうと、赤いイチゴの白い部分あるじゃないですか?
その部分って赤いところより身がしっかりしているでしょう?
それが全体的に感じて、食べている満足感をとても感じましたね。

味の方は、一言で言うなら、

さっぱりとした爽やかな味わい!

苺の独特のすっぱみが少なくて甘みの方が感じられましたね。
すっぱいのが苦手な方がいましたら、
白い宝石は食べやすいかと!

目次に戻る

 

3.白い宝石がなかなか手に入らない!

調べてみたところ白い宝石は、なかなか食べることが出来ないみたいですね。
公式を見ても、在庫切れになっていたりもします。
ですが他の商品は売っているので、時期的な問題なので売っていないのでしょうかね?

 

ちなみに白い宝石以外にも上記書いたようにいろいろな品種の白いちごがあります。

白いちごを食べてみたいという方はこちらからでも購入出来ますよ!

  ↓


白いいちご「天使の実」 1箱 (450g以上 / 8~15粒)/ 佐賀産


佐賀県産 白いいちご 雪うさぎ 大粒12入り


ぐるめライン いちご 白いちご 20~24粒入り 400g 限定 予約販売 化粧箱入り


奈良県産 白いちご 白苺 パールホワイト 2パック

目次に戻る

4.まとめ

最近ではインタ映えという言葉があります。
白い宝石は、大きさも十分にあり見た目もとても綺麗です。
食べるだけでなく、インスタ映え用に買うのも良いと思います。
またプレゼントにもとても喜ばれる商品だと思います。
一度はこの白い宝石、一度は味わってみてみてはいかがでしょうか?

 

 

そんな白い宝石を作っている手島農園はこちらから

 

最後までご覧頂きありがとうございました!^^ これからも沢山の記事を投稿出来たらなと思っています! また下のSNS拡散やブログ村をクリックして頂けると、主が大喜びします(^^♪

こちらの関連記事も読まれてます

-その他, 通販
-,

Copyright© 食もぐ , 2019 All Rights Reserved.